滋賀県立成人病センター研究所 木下研究室

 

 生物のオペレーティングシステムであるゲノムとコンピュータプログロラムの決定的な違いは前者がダイナミックに変化し、自発的に進化し続けていることです。ゲノムの変化は人間の時間感覚では知覚できないほど遅々としていますが、万年・億年のスケールでは歴然としています。「万物は流転する」、「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」を引用するまでもないかもしれませんが、ゲノムは変化し続けるという視点は生物の一員である人間の病気を理解するために重要であるに違いありません。

 じつは体の一部ではもっと速い進化も起きています。一つは抗体の遺伝子であり、もう一つが「がん」です。「がん」は驚くべきスピードでゲノムを変化させ、数々の障壁を乗り越えた結果、増殖し続けることができる憎き細胞集団ですが、ある意味で進化ゲームの勝利者であると言えます。彼らの進化戦略を封じることが「進化病:がん」の克服に役立つと考えています。そのためにはどのようにしてゲノムが変化するのかを知らねばなりません。

研究テーマ:

1. 突然変異誘導因子AIDによる発がんのメカニズム

 抗体遺伝子の研究から見つかった AID (activation-induced cytidine deaminase) というタンパクはゲノムに突然変異を引き起こす活性のある大変ユニークな酵素です。このAIDが細胞のがん化の初期過程に関わっていることを示唆する結果が出始めています。AIDによるがん化が証明されれば、がんの予防も夢ではありません。(もっと詳しく)(解説パネル


2. 染色体転座のメカニズム

 染色体にはゲノムを小分けにして子孫に分配するという機能と、遺伝子の発現を制御する機能という2つの働きがあります。染色体の構造異常はがん、先天異常症、精神疾患を引き起こしますが、構造異常がどのようにして起こるのかは謎に包まれています。特定の染色体同士が接触して転座を起こしやすくなっている背景に、核の中の染色体配置(染色体のテリトリー = なわばり といいます)が関与していると考えられ始めています。これを調べるため、分子生物学を駆使した方法を開発しています。(もっと詳しく)(解説パネル)(英文ポスター


論文リスト

略歴

メンバー

講義録

Lab Files (プラスミドや抗体の管理に必要なファイルメーカー自作書類。ついに細胞版も登場!)

文房具(知る人ぞ知る実験用ノート「電気レポート」が自分で作れる!おまけに「ドットノート」も!)

研究所までの道のり


リンク

滋賀県立成人病センター研究所

滋賀県立成人病センター

京都大学医学研究科 先端領域融合医学研究機構

京都大学医学研究科 免疫ゲノム医学

日本癌学会

日本生化学会

長浜バイオ大学

『進化の光を当てなければ、生物学の何ものも意味をなさない。』 − テオドシウス・ドブジャンスキー (1973)。医学もしかり。(推薦図書1, 推薦図書2

since 2015.11.18

English../gene_en/Home.html